活動報告

初登院

 

 

 7月31日、私鉄総連第86回定期大会であいさつを終えたあと、東京に戻り立憲民主党の両院議員総会、参院議員総会に出席しました。
 8月1日、参議院の初登院。国会議事堂正門から入りました。国会召集日しか開かない中央玄関の階段をのぼり、登院ボタンを押すと、報道関係者のカメラシャッターが一斉になり響きました。15時、開会式が始まりました。両院全議員が参議院議場に集まり、開会式をおこないました。
 8月2日、新人議員の研修、立憲民主党役員と新人議員の意見交換会と日程がぎっしり入っていました。
 8月5日、国土交通委員会など委員会に出席。立憲民主党の参院議員総会を経て、本会議に出席し、5日間の第199回臨時国会は終えました。その後、立憲民主党の両院議員総会に出席しました。

選挙戦最終日 三多摩を街宣

 選挙戦最終日は、檜原村を精力的に回り、その後、五日市、あきる野市、八王子市を街宣しながら横断しました。沿道から手を振っていただく方に最後の訴えをしました。私から市民の皆さんに「あと一歩のご支援をいただいたい」とお力添えをお願いしました。
 そして、公示日に一声を上げた西東京バス労組において最後の挨拶をしました。私から「全国の仲間、関東地連の仲間、東京ブロックの仲間、西東京バス労組の仲間に支えられて、ここまでこれた。第一声を檜原村であげ、全国遊説に出発し、そして最終日に檜原村に戻ってきた。まだまだ時間があるので、気を引き締めていただきたい。働く者が報われる社会をつくる、平和で安心して暮らせる社会をつくる。この想いを胸に、結果を出したい。5年間、本当に、本当に仲間の皆さんに衷心から感謝申し上げる」と御礼を申し上げました。

地元・檜原村にて

 檜原村に入った街宣車はくまなく走りました。私から「地元檜原村に帰ってきました。明日の投票日には『もりやたかし』でお願いします」「檜原村の力で国政に送っていただきたい。皆さんに恩返しをしたい」と最後の訴えをしました。家々から手を振って大きな声援をいただきました。家からも出ていただき、「頑張って!」と声をかけていただきました。元気が出ます。ありがとうございます!

» 続きを読む