日交労働組合

 

 

 

 

 

 

 

 4月11日、全自交労連・全自交関東地連の両委員長などの案内で日交労働組合の各支部や日本交通グループの単組を訪問し、意見交換をしました。午前中に常盤台支部、赤羽支部、東洋交通労組、春駒交通労組、午後から千住支部、中央支部、銀座支部、最後に日交労組本部を回りました。各支部や単組では支部長、委員長らの役員の方々からあたたかな歓迎を受けました。また4月のはじめということもあって新入社員や教育、女性ドライバー、ジャパンタクシー、自動運転など多岐にわたって意見交換しました。「人手がなければサービスはできない」「人手不足を解消するには労働環境を変えなくてはならない」「安全にはコストがかかる。公正な競争にはならない」と熱心に話し合いました。そしてハイヤー・タクシー政策を力強く進めていくべきである、と認識をさらに共有しました。各支部・単組の皆様、心から感謝申し上げます。

2019年04月12日