ケイカン交通、京福、福井鉄道

 4月23日、北陸キャラバン2日目は福井県です。全自交ケイカン交通労組を訪問し、委員長をはじめ、役員の皆様と意見交換し、厳しい情勢の中、私からは、「公共交通の安全を守るためにはしっかりと国に対して意見を訴えていかなければならない。」と述べさせていただきました。

 続いて、京福・坂井営業所のミニ集会では、退職者の会の皆様も参加していただき、私からは、「税の配分をしっかり考えないと、国の借金を後世に残すだけとなる。年金、医療、教育、子育て、安心して暮らせる社会の実現をめざしたい」。また、京福・整備工場のミニ集会では、「安全を支える皆さんが安心して暮らせる社会を実現するために頑張りたい」とそれぞれ決意を述べさせていただきました。

 

 福井交通・京福貸切車庫でのミニ集会に参加し、「安全に働き続けられる交通産業の実現には過重な長時間労働を是正していかなければならない。そのためにも魅力のある産業として、人が集まる産業にしなければならい」と挨拶させいただきました。

 京福・福井営業所では福井県私鉄総決起集会が開かれ、組合員、OBなど約80人
が結集していただきました。私からは、この間の取り組みにお礼を述べて、「一人ひとりの投票が政治を変える。必ず投票するとともに、家族、友人・知人に投票行動を促して欲しい。福井の皆さんとともにこの闘いに勝利し、魅力ある交通産業の実現に向けて交通政策を前進させたい」と決意を述べさせていただきました。

 本日の最後の訪問は、福井鉄道労組です。ミニ集会が開催され、集会にはレインボー観光委員長、福井鉄道の社長も参加いただき、それぞれ激励をいただきました。また私からは「全国をまわらせてもらって見た公共交通の現状を交通政策に活かし、生活交通を守るために頑張りたい」と挨拶させていただきました。

2019年04月24日