青森・岩手県連決起集会

 

 5月18日、午前中は、青森県連主催による決起集会に出席し、あいさつをさせていただきました。私からは、「青森県は、人口減少率が全国の中でも高い。最低賃金においても東京都に比べ大きな差がある。同じ仕事をしても、東京と地方では賃金で大きな違いがある。これでは人口の流失が止まることはない。そういった悪循環を変えていかなくては、地方創生は絵に描いた餅になる。日本全体の活力を上げ、国民のための政治を訴えていきたい」と話をさせていただきました。

 午後からは、岩手県連主催による決起集会に出席し、あいさつをさせていただきました。私からは、「国策による規制緩和によって、貸し切りバスもその対象となった。規制緩和によって悪質事業者が横行し、命を預かる公共交通においても安全の規制緩和が行われた。交通運輸産業のセーフティーネットづくりが重要である」ことを強調しました。

2019年05月21日