私鉄総連第4回中央委員会

 6月4日、鳥取市のホテルニューオータニで開催した私鉄総連第4回中央委員会に出席しました。
 冒頭、田野辺委員長は、参議院議員選挙が目前に控えていることから、先に実施した統一自治体議員選挙の結果をはじめ、これまでの政党と連合の動きを報告したうえで、参議院議員選挙に特化したあいさつを述べ、組織内候補を必ず国政に送ることができるようにしたい、と私鉄総連のさらなる力の結集を訴えました。
さらに清水副委員長が「組織内候補を国政へ送ることを、全組合員で誓う」ことを盛り込んだ「『もりや たかし』必勝を誓う私鉄組合員特別決議案」を提案し、拍手で決定しました。
 これを受け私は、私鉄10万人の組合員に対して衷心からの御礼を述べるとともに、「第25回参議院議員選挙は捲土重来の背水の陣で臨む選挙である。交通運輸産業の底上げ、社会保障の拡充、そして危機的状況の平和を守るために勝ち取らねばならない選挙である」と決意を述べました。

2019年06月05日