富士急行、国労八王子、全自交山梨、運輸労連山梨県連


 6月24日、雨が降る中、「かいじ1号」で甲府駅に。富士急行労組委員長をはじめ三役が改札口で出迎えてくれました。早速、駅近くの国労八王子地区協議会議長を表敬訪問。年金問題など意見交換しました。また少し離れた全自交山梨にも足を運び、委員長らを表敬訪問。賃金体系やオリンピック対応などタクシーの現状について意見交換しました。私から「タクシーも公共交通という認識が必要である」と述べました。


 その後、富士急バス甲府営業所、同じ敷地にある富士急オートサービス甲府整備場を訪ね、組合員の皆さんにあいさつをしました。鉄道技術センターでは、選挙権をもったばかりの若い組合員もいましたので、将来を見据えて政治について考えて欲しいと訴えました。隣接する富士急山梨ハイヤー、大月線と河口湖線がスイッチバックする富士山駅を訪ね、組合員の皆さんにあいさつをしました。駅ビルにある富士急トラベルでは社長を表敬訪問したのち、終着駅の河口湖駅へ向かいました。


 河口湖駅に到着した頃には、雨も止み、真っ白な雲の切れ目から強い日差しが照りつけ、一気に夏空になりました。丁度、列車が到着。外国人の旅行客がいっせいに降りてきて、駅前は大混乱になりました。案内係の方も対応で大わらわです。世界遺産のなった富士山に一番近い富士急行。乗務や駅務、バス運転士、そしてインフォメーションで働く皆さんとお会いし、インバウンドの影響などについて意見交換しました。
 富士河口湖にある富士急バス本社に行き、富士急バス社長、富士急トラベル会長とお会いし、本社内であいさつをしました。また同じ敷地にある富士急オートサービスでもあいさつをしました。


 続いて、運輸労連山梨県連書記長の紹介で都留市にある富岳物産労組を訪ね、支援に対する御礼を述べるとともに、物流について意見交換しました。そして富士急行線の起点である大月駅へ行き、駅務員の皆さんへ挨拶したのち、近くにある富士急山梨ハイヤー大月営業所、富士急トラベル、駅前に駐車していたタクシー運転士の皆さん一人ひとりにあいさつをしました。
 最後に富士急バス大月営業所、上野原営業所を回り、山梨キャラバンを終えました。短時間でしたが、いろいろな職場に入り、いろいろな皆さんとの出会いがありました。富士急行労組の皆さん、ともに頑張りましょう。

2019年06月25日