京阪労組にて

 選挙戦6日目の7月9日、午前中に京橋にある京阪労組を訪問し、中央委員会開会前に演説をおこないました。私鉄総連書記長は応援演説で「この5年間、『もりやたかし』は、北は宗谷から南は西表島まで職場の実態をつぶさに見てきた。これは『もりやたかし』の財産であり、私鉄総連の財産でもある。国政で働く準備ができているので、是非とも皆さんの力で送って欲しい」と述べ、私から「職場の実態を見て、抱えている問題を早く解決したい。交通運輸産業に予算をつけたい。そのためにも国政に送っていただきたい」と訴えました。

2019年07月09日