阪急労組2日目

 阪急労組の二日目(12月12日)は、主要3線のうち、神戸線を中心に訪問させていただきました。運輸課や駅職場、車庫などの職場にお伺いをしてご挨拶をさせていただき、こちらでも座談会の場を作っていただき、ホームドアやヤードスティック方式などの政策面での意見交換もさせていただきました。参加された方の思いやご意見を聞くことは本当に力になりますし、悩みや不安は一緒に共有して、一緒に解決をしていきたいと思います。また、この日は車庫の食堂で皆さんにごあいさつをした後、一緒に昼食を頂きました。その後は、宝塚へ移動し歌劇で有名な宝塚大劇場で働く組合員の皆さんの職場を訪問いたしました。座談会では現在の政治状況や年金・医療制度の見通し、平和への思いなど、様々な意見交換をさせていただき、改めて労働者の立場に立った政治をしたいと強く思いました。

2017年12月20日