阪急労組3日目

 阪急労組の三日目(12月13日)は、主要3線の最後、京都線にお伺いをいたしました。運転係や工場、検車や施設の現場を訪問するとともに、主要駅にもお伺いをして各駅の職場で集会を開いていただきました。さらに、開いていただいた座談会では、政治への関心が薄れていることへの危惧などの硬い話から、僕自身の休日の過ごし方などの柔らかい話まで、いろいろなお話をすることができました。また、この阪急キャラバンを締めくくるにあたって、阪急労組の高田副委員長から「このキャラバン以降、これからの取り組みを進めるのは単組の役目。しっかりと取り組み確実な投票行動につなげていく」との言葉があり、その決意に胸を打たれるとともに大変こころ強く思いました。阪急労組の皆様方、お忙しいなか、またお疲れのところ、仕事の前後・合間や休憩時間にお集まりいただき、本当にありがとうございました。

2017年12月20日