近鉄労組3日目

 12月21日の近鉄労組3日目は、名古屋方面の職場を中心にお伺いをいたしました。近鉄はその沿線キロが500キロを超えていることから、線路や施設・車両のメンテナンスのご苦労は大変だなと思いました。また、名古屋駅で意見交換をした際には、リニアの開業が近鉄の会社や自分たち働き方にどのような影響をおよぼすのかといった不安の声もお聞きしました。さらにこの日は、技術系の方と一緒に昼食を交えつつ意見交換をすることができました。近鉄労組では、前回お伺いをしたときと比べて駅前の再開発が行われたところが多く見受けられ、交通政策が地域に及ぼす影響を改めて肌で感じました。

2018年01月10日