阪急バス労組

 12月26日は、阪急バス労働組合へおうかがいいをして、約60人の組合員の方々とお会いすることができました。まずは、組合本部で高退会の方々とお話をさせていただき、年金・医療・介護の現状と課題について、実体験を交えつつ貴重なご意見をいただきました。また、各職場にお伺いした際にも、運転士や整備の方々とお話をすることができ、人員不足や働き方について意見交換をさせていただくとともに、女性運転士からは仕事と子育てが両立できる社会をめざして、法律や制度の必要性やあり方についてお話ができました。皆さんからの意見をしっかりと受け止めて、政策に活かしていきます。会社の役員の方々とも公共交通の課題について意見交換をすることができました。

2018年01月17日