淡路交通

 1月12日の神戸電鉄の後、兵庫県最後となる淡路交通労組にお伺いをいたしました。3箇所の営業所にお伺いをして、50人を超える組合員の方々とお会いし、様々な課題について意見交換をさせていただきました。淡路では車社会がすすみ路線バスの利用者数が減少している状況や、明石海峡大橋ができて、高速バスが主力に変化をしている現状と課題などについて、意見交換をすることができました。また、実際に現場の仲間の皆さんとお会いして、お話をすることの大事さを改めて感じることもできました。仲間の皆さんにお会いできたときは、皆さんが普段思っている懸念や思いついたこと、仕事での課題、また生活するうえでの不安や心配事など、皆さんのその想いを、私に伝えてください。私は、皆さんの想いをしっかりと受け止めて、その想いを力として、皆さんの職場・産業・生活などの環境改善に取り組みたいのです。キャラバンはこれからも続きますし、それ以外でもお会いした際には、ぜひとも仲間の皆さんの声を聞かせて欲しいと思っています。

2018年02月02日