京阪京バス労組

 1月15日の午後からは、京都府の中部で路線バスを主力に運行している京阪京バス労組の皆さんとお会いいたしました。京阪京バスでも座談会をしていただき、バス産業における自動運転の見通しや心配をお聞きするとともに、国会に組織内議員がいることで何がどのように変わるのか、などのこともお伺いをしました。このキャラバンを通して、仲間の皆さんの思いや心配事、不安なことなどをしっかりとお聞きして、変えるべき点や変えなくてはならない点が、より、はっきりと見えてきました。また、京阪京バスでは46人の仲間の皆さんとお会いすることができました。

2018年02月06日