新年あいさつ

 2019年の新春を迎え、謹んで年頭のご挨拶を申しあげます。
 昨年を振り返りますと震災や台風、また、広範囲に及ぶ集中豪雨によって、尊い人命を奪う自然災害が多数発生しました。そのような状況下において、旅客の安全確保を第一とした対応、台風の影響によるダイヤ乱れへの対応など、交通運輸で働く方々のご尽力に心より敬意を表します。
 私たちが安心して働くには、平和であるということが前提で成り立っています。安倍政権は、憲法9条を含む、憲法改正を本格的に進めるとして第25回参議院議員選挙で、その是非を国民に問うとしています。私たちは戦争の悲惨さと平和の大切さを訴え、数の力だけで決める今の国会運営から立憲主義を取り戻すとともに、平和憲法を変えさせない取り組みを強化していきます。
 本年は、4月に第19回統一地方自治体議員選挙、そして、夏には第25回参議院議員選挙があります。政治は、私たちの地域や生活に密接に関わることから、投票行動をしっかり実践し、私たちの意志を示さなければなりません。
 今年が組合員の皆さま方とご家族にとって、幸多い1年となることをご祈念申し上げ、新年のごあいさつと致します。

2019年01月01日